ツムラ・スケートパークファクトリーライダー・スケーター向けサイト

製品カタログ

世界レベルのセクションを創るツムラスケートパークファクトリー。
多彩なニーズを取り入れたオリジナルセクションを国内自社工場で生産しています。


プランニングから製作・施工まで、全て自社工場で

ライダー・スケーターへのモニタリング、基本設計から始まり、現地に合った個々のセクションの製作・施工まで、利用者、整備(事業)主体との緊密な連携のもと、ツムラはオーダーメードスタイルで"オンリーワンのスケートパーク"を創り上げていきます。

体育器具・公園施設で培ったノウハウを結集

ツムラは創業124年、国内スポーツ器具メーカーの草分けとして、これまで体育器具・遊具/公園施設を造り続けてきたプロフェッショナルメーカーです。機能、デザイン、安全性、耐久性の高次元での融合を可能にしてきた施設造りのノウハウは、「スポーツ」と「遊び」の要素を併せ持つ"B3スポーツ"専用施設の"スケートパーク"にも、如何なく発揮されます。

"公共施設"として相応しい「スケートパーク」を実現

ライダー・スケーターにフィットするものの、安全性、耐久性に課題を残す愛好家の自作によるセクション、耐久性には秀でていながらも、利用されていない擬似施設…。この双方の課題をクリアすることこそ公共施設としてのスケートパークに求められる要件だと考えます。使いやすく、長期間にわたって確かな施設、それがツムラの"スケートパーク"セクションです。

プロライダー・専門家による監修

平沼孝之氏 宮崎眞希夫氏
平沼孝之氏
公式ホームページ
宮崎眞希夫氏
ツムラの"スケートパーク"セクションは、開発当初から各競技のプロライダー・専門家と連携、細部にわたり「使う立場」からの検証が行われています。(アドバイザー:全日本スケートボード協会競技委員平沼孝之氏、アグレッシヴインラインスケート国際審判員宮崎眞希夫氏)


"B3スポーツ"全てに使える汎用型施設

スケートボード、インラインスケート、BMX、etc…、各競技/種目の特性を抽出し、新たに研究開発を行いました。躯体、各部材、それらの連結方法、仕上げ・処理を入念に検討。
ツムラの"スケートパーク"セクションは、代表的なホイール(車輪)スポーツいずれにもストレスなく利用頂ける汎用型施設です。

"スケートライト+エコランプ"…世界標準の滑走面専用素材を採用

ツムラの"スケートパーク"セクションは、アメリカのスポーツ専門チャンネル"ESPN"が、全世界に中継しているB3スポーツのオリンピックといわれる"X-GAMES"における製作実績と研究から生まれたスケート施設専用の滑走面用素材"スケートライトプロ"・"ランプ-X・エコランプ"を標準仕様としています。同素材は、フェノール樹脂を浸したファイバーボード(繊維圧縮板)であり、転倒時の安全性、激しい気象状況下での高い耐久性を確保しています。
また施設の舗装には、耐摩耗性に優れた滑走面用カラー舗装材、鹿島道路(株)のアストップII・アストップII-Rをお薦めしています。
ECOランプの特性[PDF] SkateliteProの特性[PDF]
アストップII・アストップII-R

移設が可能なため、ルーティングも豊富に!!

ツムラの"スケートパーク"セクションは、コンクリート製セクションとの比較においてもアドバンテージを挙げることができます。概ね10tを超えるコンクリート製セクションは、設置に際して大掛かりな重機を要し、また固定式ゆえ飽きられやすいことが課題とされてます。ツムラの"SkatePark"セクションは、部品レベルで搬送が行え、段階的な施工や施設の追加対応が簡単に出来ます。また完成後のセクションの移設も可能です。同じ敷地内でも定期的にレイアウトを変えることで、ライダー・スケーターを飽きさせることはありません。