スポーツフロア 施工事例・納入実績紹介

東京都「有明アリーナ」ポータブルスポーツフロア

有明アリーナスポーツフロア|事例画像

ポータブルスポーツフロア「有明アリーナ」

2020年1月、東京都江東区の有明アリーナに、米国PRESTIGE社製木製ポータブルスポーツフロアUniversal Air」を納品致しました。

PRESTIGE社(旧称:ROBBINS INTERNATIONAL社)は、40年以上にわたりNBAのサプライヤーを継続しており、常に最新のポータブルスポーツフロアを提供しています。
「Universal Air」はFIBA(国際バスケットボール連盟)レベル1認定を取得しており、世界選手権をはじめとする各国で行われる国際試合、また日本国内最高峰のBリーグの要求基準もクリアしております。

北米産MFMAハードメイプルの仕上げは、コート内を均一なバウンドとするだけでは無く、美しい木目で最高級な仕上げ面となります。
また20mmの無垢仕上げ材であるため、NBAの過酷なプレーにも耐え、また末永い保守メンテナンスに対応可能です。
FIBAルールのバスケットボールコートラインは勿論、他のスポーツ各種目のコートライン、施設名・チームロゴ等、仕上げデザインも自由にご指定いただけます。

「Universal Air」は、ジョイント方法として、独自のコンシールドロッキングシステムを採用しており、ポータブルスポーツフロアの設置・撤収に要する時間において、他社製品に比して大幅な短縮を実現しております。

弊社では使用目的に応じた導入計画のお手伝いから、納入後のメンテナンスまで、よりよい状態で末永くお使いいただける様、サポートを行っております。詳細等について、まずはお気軽にこちらよりお問い合わせください。

「有明アリーナ」ポータブルスポーツフロア画像



©️ TSUMURA Co. Ltd.