センターハング 施工事例・納入実績紹介

富山県「富山市総合体育館」センターハングLEDビジョン

事例画像:富山市総合体育館センターハング4面LEDビジョン

センターハングLEDビジョン「富山市総合体育館」

Bリーグ富山グラウジーズのホームアリーナである富山県の「富山市総合体育館」に、スコアやライブ映像が自由に表示できるセンターハング4面LEDビジョン(天井吊り下げ型大型映像装置)を設置致しました。他にショットクロック+ピリオドランプ+ミニスコアボードなどを納品しました。

6㎜ピッチ高輝度・高精細のセンターハング4面LEDビジョンに加え、上部には演出に変化を持たせるリングビジョンを配置し、バスケットボールをはじめ7種目の競技に対応する得点操作端末と映像操作端末により、「観るスポーツ」の価値を高め、スポーツエンターテインメントの演出をサポートします。
また、スポーツ以外の各種イベントにおいても活用することで、地域の賑わい創出にもつながります。

センターハングビジョン/スコアボードは壁面式と比べて、会場内360度どこからでも最短距離で最も見やすい位置に表示ができ、センターコートから視線をそらす事なく画面を見る事ができるので、選手だけでなく観客やサポーターの方にとっても見やすく試合等を楽しむ事ができます。また、スコアボード表示、静止画、動画の切り替えが自在に可能なので、スポンサー広告や主催者、自治体からの告知など様々な表示を行う事もできます。

都村製作所では、世界シェアNO.1の米国ダクトロニクス社のセンターハングビジョン/スコアボードを扱っています。設置実績も多数ありますので、製品の保証及びメンテナンスについてもご安心ください。まずはお気軽にこちらまでお問い合わせください。

「富山市総合体育館」センターハング4面LEDビジョン画像




copyright tsumura company all rights reserved.