ツムラ・スケートパークファクトリーライダー・スケーター向けサイト

製品カタログ

★ スケートパークの管理・運営について ★

深夜の騒音や公共物の破損など、スケーター/愛好家に対し、
社会的には、とかくマイナスイメージに見られてしまいがちでした。
愛好者の増加に伴い、徐々にスポーツとしての理解も浸透してきましたが、
今後の発展は、全国に誕生している専用フィールドの活用のされ方如何にかかっていると考えます。
弊社は、完成後も利用者が主体となった管理運営を目指していかれることを強く願います。
以下にスケートパークの標準的な利用規約を作成しました。
みなさんの参考になれば幸いです。

○○スケートパーク 利用規約(ひな形)

◆事前登録
初めて利用する方は、管理事務所または○○市役所公園課に、事前登録してください。
登録時に発行するカードは、パーク利用の際には必ず持参/身につけましょう。

◆利用可能日時(片付け・退場時間も含みます)
休園日:毎週○曜日
供用時間:午前8時~午後9時(小中学生は午後6時まで)
(12月28日から翌年1月3日の期間は利用できません)

◆目的(スケートボード・インラインローラー・BMX)外の利用は禁止です。

◆自分の体を守るため、ヘルメット、プロテクター、グローブ等を着用してください。

◆施設内でおきた事故、ケガ等については、一切の責任を負いません。
(事故、ケガ等に対する保険は、各自加入してください 。)

◆施設内は禁煙とします。

◆施設は大切に使ってください。ゴミは必ず持ち帰りましょう。
(故意に施設を壊したり、汚したりした場合、修理費を実費でいただきます。)

◆施設の外では滑走は禁止です。

◆施設利用者が交流を深め、以上の項目を徹底するよう努めてください。

◆その他、管理者の指示に従ってください。

○○市スケートパーク運営委員会・○○市

保険加入の薦め

万一のスケートパーク内での事故発生を想定し、保険への加入をご検討ください。
ツムラ製スケートパークセクションは、その製作・施工において、全製品とも生産物賠償責任保険、請負賠償責任保険に加入しております。(賠償金額:対人3億円/1事故、対物3000万円)
しかし、この保険でカバーできるのは、事故の原因が「製品そのものに因るとされる場合」に限定されます。
事故原因としては、その他に管理方法、また利用者本人にその責があると判断される場合があります。
管理責任をカバーする保険として「施設賠償保険」…主として管理者(市・町等の自治体や管理運営主体)が加入、利用者責任をカバーする保険としての「傷害保険」…利用者自ら加入する保険-への加入をご検討ください。